ニューハーフのフェラ

 年齢39歳、既婚の会社員です。
出張が多い仕事をしています。
この出張先で、ニューハーフのフェラを経験することになりました。

 出張先での楽しみ、それは地元の女の子とお酒を飲んだり、ちょっとエロい関係を楽しむものでした。
出会い系アプリを利用して、行く先々の女の子たちと知り合い待ち合わせ。
食事だけのこともあります。
お酒だけのこともあります。
意気投合すれば、合体することだってありました。

 その時は、北陸の出張でした。
いくら利用者の多い出会い系アプリとは言え、相手がなかなか見つからないこともあります。
そんなときやりとりしたのが、20代半ばのニューハーフでした。
リノって子で、安くて美味しい飲み屋さんを知っているなんて教えてくれて、マジ可愛い顔だったから待ち合わせすることにしました。
この時点では、あくまでも酒の相手。
快楽の相手として見ていませんでした。

 リノは、どこから見ても女の子。
ニューハーフとは思えませんでした。
性格的にも良し。
ニューハーフに興味がない自分も、不思議なドキドキ感を感じてしまっていました。
「ニューハーフは嫌いなんですか?」
「嫌いというわけじゃないよ。嫌いだったら飲みに来ないからね(笑)」
「良かった」
ほっとした表情の後、チャーミングな笑顔を見せられちゃって心臓バクバクでした。
ニューハーフの出会い

 お酒が進んでいくと下ネタにもなっていきます。
「さすがに関係はモテないとは思うけどね」
「フェラだけは、どうですか?」
「リノは可愛いから、フェラなら大丈夫かな」
「ノンケのおちんぽ舐めるの大好きなんです」
このときの目の輝きが、色っぽいものでした。

 ニューハーフのフェラを受けることになりました。
酒の勢いもあったのでしょう。
最近は家庭内でセックスもしていません。
今回は女の子と出会うことが出来ませんでした。
ニューハーフのフェラを経験するのも悪くはない、そう心が叫んでしまっていました。

 経験したことがないようなフェラでした。
歴代の彼女たちと比較しても、気持ち良さが全く違っていました。
魅力的な瞳の色を浮かべながら、リノは夢中になって肉棒にしゃぶりついていました。
その姿を見ているだけで、心が淫れて行きました。
強烈快楽を味わいながら、リノの口の中に射精してしまいました!
竿あり玉なし
ニューハーフのフェラ

お金ください

私には秘密があります。歯磨きをさぼり歯医者に行かなかったせいで、20代で歯の半分が入れ歯になってしまいました。自分の歯と入れ歯の色が違うけれど大きく笑わなければバレることはありませんでした。ところが最近彼氏が出来ました。彼氏は私が入れ歯とは知りません。お金があればインプラントにして抜けない歯を作りたい。誰か私にお金くださいと本当に思いました。お金があればそれができる。しかし、お金くださいと言って何もしないで貰えるほど世の中甘くない。
そんなある日、彼氏が私の歯を見て「偉いよな。綺麗な歯で。俺なんかタバコを吸ってヤニだらけだよ。きちんと歯磨きしないとな。」その言葉にやはりお金を入れてインプラントにしようと思い夜の仕事をすることにしました。その間も彼氏には私が入れ歯だと気付かないように注意しました。
お金をもらう事で独立をサポートしてくれるパトロンを見つけました
そして、夜の仕事でお客さんが「俺のアレをしゃぶってくれたらお小遣いあげるよ。」と、言う人が現れやってあげました。これなら浮気ではないと思いながらやるとお客さんは喜び私にお小遣いをくれました。そんな感じでやっていくとなんとか目標金額まで達成し、残った歯でインプラントをつけることも成功し無事に大きな入れ歯と卒業できました。長かった入れ歯生活。そのためか、入れ歯を捨てることが出来ず自分の部屋に飾っていると彼氏が家に遊びにきたときにそれを発見されました。だけど私がしていた入れ歯とは思われずリアルで凄いと言って終わりました。
妊娠
セックスやりたい