パトロンとは

昔、パトロンみたいな人がいたんだけど、ご本人が「俺のこと、パトロンとは言わないで、恥ずかしいから」って。
どういうことかと言うと、パトロンと言えるほど、サポートしてあげられてるわけじゃないし、この程度でパトロンとは言えない、恥ずかしいって。
「血のつながってない親戚のおじさん」くらいの感覚でいてよって言われたわけ。
こっちからすると、パトロンって言ってくれた方が気楽だよね・・・親戚のおじさんって感覚は、もっと身近な感覚になっちゃうじゃん。
バロトンとは言えない程度のサポートでも、やっぱりパトロンと言った方がこっちの気が楽・・・って思った。
別にエッチなことをするわけじゃないんだけど、時々デートっぽいことしたりはしてた。
手をつなぐとかまではしてたね。
パトロンの意味
その程度でいいならって感じだったけど、向こうはそれ以上求めてこないし、それ以上する気がないって分かったら、やっぱりそれはそれでパトロンなんじゃないかなと。
「女の子の一番可愛い時期に、そばに居られるんだから、それだけでいい」って。
男の人の考える子とはよく分からん・・・と思った。
私が就職してからも、月に一回くらいは食事とかしてたよ。
職場の悩みとか相談事とか、そういうの聞いてもらったりして。
だけど、ある時から連絡来なくなっちゃってね。
もしかしたら、病気とかそんなことかな?って思ったけど、そこまで立ち入れる関係じゃないって思って、深追いはしなかった。
パトロンとは言えない関係だったかもしれないけど・・・やっぱり血のつながってない叔父さん感覚だったかな。
お金欲しい掲示板
パトロン募集

ゴム有

まあ、一般的な表現をすれば、過疎化が進む農村なんですよ。メシは食えています。人手が足りないだけで重要な食料の供給減ですからね。皆さんが想像している以上に儲かってはいますよ。だから、結構貯金はあるんです。先祖代々の土地もありますから、資産に換算すれば富裕層と言ってもいいくらいです。
ただ、やっぱり問題は過疎化による後継者問題なんですよ。僕は30代ですが、僕以外の周りの農家は普通のサラリーマンならば定年を迎えている年齢ですからね。その方々にも子供はいるのですが、みんな都会に出て行ってしまうんです。農村ですから、女っ気もないし、楽しみと言えるものが全くありませんからね。彼らが故郷を捨てる気持ちもわからんでもないです。
ゴムフェラで抜かれた黒歴史を塗り替えたフェラ友からセフレへの進展
僕も親にそろそろ嫁取りを、なんて言われますが、周りは既に終わってしまったおばちゃんばかりですし、そもそも、こんな人里離れた農村にわざわざ嫁に来てくれる女性なんていませんよ。昔、都会の大学に通っていた頃に付き合っていた彼女がいたのですが、いつもゴム有ばかりで、ついぞゴム無ではやらせてくれませんでした。うっかりデキちゃったりしたら、農家の嫁として持ち帰られてしまうって警戒していたんだと思いますよ。
とは言え、スマホが普及してからは女性事情も大きく変わりました。こんな農村からでもマッチングアプリでいくらでも相手を探せます。もっとも、わざわざこんな農村まで来るような女の子はいないので、その際は車を走らせて町まで出ています。やりたくなったらすぐに相手を見つけられるのが、農村にとってのスマホ恩恵ですな。嫌らしい言い方ですが、お金持っている分、相手には困っていません。
ただ、ゴム有でズコバコやってるとなかなか空しくなりますよ。所詮、彼女たちは町から離れずに田舎者の僕から体で金を搾取しているだけなんだよな、とね。なんだかね、ゴム有が都会と田舎の乗り越えられない壁に感じてしまったりします。
いっそのこと、タイプの女の子とマッチングできたら、こっそりとゴム無中出しにして、お腹の中の子供と一緒に村に持ち帰ろうかな、なんて企んでいたりします。企んでいるだけですよ?
プチ援交掲示板
フェラ割

ぽっちゃりのパパ活

やばい。ぽっちゃりとした女性に抱きしめられると本当に癒さられる。私は今ぽっちゃりのパパ活をしている彼女と仲良くなり漫画喫茶でギューと彼女に抱きしめて貰ってます。本当はホテルでもいいんだけど、彼女がホテルだとエッチを求めてきそうで怖いと思っているのか、漫喫がいいと言われて50代にして人生初の漫喫に来ています。狭い部屋だけど静かなこの雰囲気もたまらない。その後は私は彼女の膝まくらをして貰いそのまま仮眠。目が覚めると彼女は漫画を読んでいました。
無償でお金くれる人を探す為に本格的に活動を開始する
それから3ヶ月が経った頃、私が安全な男と思ってくれたのか日帰り旅行に行ったりとカップルみたいなところに行くようになりましました。だけど、彼女は私というパパがいてもぽっちゃりのパパ活はまだ継続していました。それを知った理由は私たちが出会ったサイトでまだ彼女は利用していたからです。そんなにお金に困っているのか、それとも私に不満があるのか気になることがありましたがあえて聞くことが出来ずにいました。
ある日、ぽっちゃりキャバクラに仲間と行きました。理由は仲間の彼女がそこで働いているから。初めてのキャバクラで緊張しましたがなんとそのお店に彼女がいました。まさか、ここで働いているとは思ってもいなく、しかも私たちの席に彼女が座るとなんと仲間の恋人が彼女ということが分かりました。とりあえず仲間のために他人のふりをしました。彼女も私と会ったのは初めてのふりをしていましたが、もう彼女と関係を続けるのは無理だなと思いました。
すぐにお金を稼ぐ方法
すぐにお金を稼ぐ方法